スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2006年12月12日

エコファーマーと認証制度

今日は米(イセヒカリ)と黒米の食味検査のため、普及所へ行ってきた。

食味検査は来週中には出来るとのことで、とりあえず預けてきた。

そしてもう一つの目的、エコファーマーについてと、減農薬・減化学肥料栽培認証制度について聞いてきた。

説明を聞いた印象は、う〜ん……、この制度ってどうなん!?(-з-)

まずは「エコファーマー」
エコファーマーとは「土づくり」、「化学肥料低減」、「化学合成農薬低減」の技術を導入し、環境保全型農業に先進的に取り組んでる農業者。

エコファーマーのマークを農産物や容器、箱、ポスター、名刺などに表示できるらしい。

エコファーマーになるためには、『現在のやり方』から2〜3割の農薬・化学肥料低減をすることが必要らしい。

が、ここで疑問が一つ…。

『現在のやり方』より2〜3割減??

それってバリバリ使ってた人がちょっと減らしても「エコファーマー」!?(*_*)

基準が曖昧すぎる…┐(´ー`)┌


さて次は「減農薬・減化学肥料栽培認証制度」

これは県基準の農薬と化学肥料使用量の半分以下で生産した農産物を認証する制度。

基準がはっきりしてるのでわかりやすいが、疑問も残る…。

減農薬・減化学肥料の技術が、県が認証したものだけしか使用できない!!

方法はいろいろあっていいはずなのに…(´∀`)

有機無農薬でやってるので、あえて認証を受けるのもあまりメリットがなさそう…(+_+)

しかし認証制度ってのは、名前の通りってわけではなさそうだ…(-.-;)


/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 20:41Comments(2)農業のこと