Posted by at

2006年10月18日

農作業を教えるって

今日は小学校の稲刈りを行いながら、ふと思うことがあった。

西日本新聞社の「食卓の向こう側」の安武信吾氏の講演を聞いたときのことだ。
氏曰く「学校などで田植え、稲刈りなどの農作業を取り入れているところがよくあります。
しかし農作業の仕方を教えるばかりになっていませんか??
本当は農作業を通して、食や様々な事を教えなければならないのです。
農作業のやり方を教えるのは、食育ではありません」

確かに現状は食育といいつつ、やり方を教えてるにすぎないと思う。

普段の仕事でも、農作業の中から、自然の中から学ぶことはかなり多い。
というか、学ぶことだらけで、消化できてるのか怪しい…(^o^;)

子供たちに教える前に、自分たちがしっかり勉強というか、自然から感じとっておかないとな(^_^;)

ちなみにもうすぐ結婚式を行ううちの奥さんは、最近「食卓の向こう側」をよく読んでるので、非常に心強いです(^-^)b


クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!
  


Posted by ダイスケ at 23:14Comments(0)農業のこと

2006年10月18日

小学校の稲刈り〜その3〜

小学生みんなで無事稲刈り終了(^-^)

今年は去年より多いみたい。

この後モチになります!!

  


Posted by ダイスケ at 11:38Comments(2)米・玄米について

2006年10月18日

小学校の稲刈り〜その2〜

わかりにくいですが、田んぼの真ん中には黒米で、「竹小」と書いてます(竹野小学校なので)

で、先生がクレーンに載せられ、写真撮影(^-^)b

完全にへっぴり腰です…f^_^;

しかし子供たちからは、「もっと高くして下さ〜い!!」の歓声が(^O^)

先生との関係は良好のようです(b^-゜)

  


Posted by ダイスケ at 10:48Comments(0)米・玄米について

2006年10月18日

小学校の稲刈り

朝から青年部で、小学校の稲刈り作業。

5月に種まき、6月に田植えして、待望の収穫です(^-^)

刈り方にもそれぞれ子供たちの個性がでてます。
端からきれいに刈る子
ただひたすら前に突き進む子
ちょっとずつ刈る子
大量に刈る子
稲を運ぶのに専念してる子
もっぱら遊びに専念してる子

かなり性格でてます(^_^;)

まぁ田植えの時のように、泥だらけの子たちに襲われないので安心ですが(^-^)b  


Posted by ダイスケ at 10:22Comments(0)米・玄米について