Posted by at

2007年05月14日

^-^イベントのお知らせ^-^

我が家ではヒノヒカリのほかに赤米、黒米、緑米を作ってます。

そこで、今年はみなさんと一緒に古代米を作ろうとイベントを企画しました!!

まず第1回目は
5月20日(日) 11時~14時



場所 :田中家圃場にて





参加費:一般2000円 小学生500円



     小学生以下は無料です



内容は、古代米の種をまいてもらいます。
秋にたわわに実る稲穂も一粒のお米から育ちます。
これがまさに最初の一歩です!!



そしてお昼には手作りのおにぎりを。
午後からは軽石に寄せ植えをしてもらい、緑と触れ合ってください。




連絡は田中大輔まで
daiballgame@gmail.com



電話090-8221-8454



 



なお、田植え、赤米鑑賞会、稲刈り、
赤米を使ったしめ縄作り、餅つきを一年を通して行いたいと思っています。



一緒に自然を感じ、自然とふれあい、
食の大切さを語り合いましょう!!

  


Posted by ダイスケ at 07:42Comments(2)古代米について

2007年05月13日

^-^古代米を一緒に育てましょう^-^

我が家ではヒノヒカリのほかに赤米、黒米、緑米を作ってます。

そこで、今年はみなさんと一緒に古代米を作ろうとイベントを企画しました!!

まず第1回目は
5月20日(日) 11時~14時


場所 :田中家圃場にて



参加費:一般2000円 小学生500円


     小学生以下は無料です


内容は、古代米の種をまいてもらいます。
秋にたわわに実る稲穂も一粒のお米から育ちます。
これがまさに最初の一歩です!!


そしてお昼には手作りのおにぎりを。
午後からは軽石に寄せ植えをしてもらい、緑と触れ合ってください。



連絡は田中大輔まで
daiballgame@gmail.com


電話090-8221-8454


 


なお、田植え、赤米鑑賞会、稲刈り、
赤米を使ったしめ縄作り、餅つきを一年を通して行いたいと思っています。


一緒に自然を感じ、自然とふれあい、
食の大切さを語り合いましょう!!

  


Posted by ダイスケ at 22:10Comments(2)古代米について

2007年05月10日

^-^古代米の精米^-^

ちょっと立ち寄ったコンビニの側にある無人精米所にこんな張り紙が…。


赤米、黒米は絶対精米禁止!!


よほど苦情があったんでしょうか?

表にだけでなく、中の壁と機械の前にまで、これでどうだ!!と言わんばかりに張ってます(^_^;)


そこまで言わんでもという気がしないでもないですが、まぁ確かに赤米や黒米を作るなら、自分の所で精米しなきゃいかんでしょうね…。


どうしたって混ざってしまいますからね(´∀`)


うちも古代米を作り始めの頃に精米所に持っていって、断られたことあります…。

なかなかマイナーなものへの対応は冷たいもんです(-з-)  


Posted by ダイスケ at 15:49Comments(4)古代米について

2006年12月21日

亀の行進o(゜∇゜*o)〜♪

小さい亀を作ってたら、産卵した後の亀が海に向かってるような感じになってました(*^_^*)

ちなみに尾っぽの髭の部分は、「かんにほ」という赤米です(^-^)b

ドライフラワーのようにして使ってます。

この赤米は穂が出始めの頃、鮮やかな赤で写真を見られた方もいるかもしれませんが、あの色がなかなか出ないんですよね(*_*)

紫色になってしまって…(´∀`)

来年こそは!!ですp(^-^)q



/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 17:42Comments(3)古代米について

2006年12月21日

亀作り

着々と亀作りが進んでます。

まずはパーツごとに作っていきます。

縄をなったり、わらを組んだり、穂を束ねたり。

一個一個手作りなんで、なかなか大変です。

亀は長寿なんで縁起もいいですよね(^-^)

今回はゆっくり安全運転しよう!!ってことで、車内に飾るやつを作ってます(^O^)



/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 13:32Comments(0)古代米について

2006年12月20日

縄をなう

最近ワラで亀を作るのに、縄をなってます。

去年は親父がやってたのが、今年から僕もやることに。

今までは二人でしめ縄用の縄をなってたんで、一人となるとなかなか勝手が違います…(*_*)

しかし昔はどの農家もやってたこと。

そう考えるとなかなか楽しいもんです(^-^)


/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 21:11Comments(2)古代米について

2006年12月19日

しめ縄づくり〜その4〜

しめ縄づくりも着々とすすんでます。

ちょっと違うパターンも作ってみました。


/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o
  


Posted by ダイスケ at 19:35Comments(0)古代米について

2006年12月11日

しめ縄作り〜その3〜

ここ数年、家に飾るしめ縄だけでなく、商店街などに飾られるしめ縄も作ってます。

一度作ったところ、うちもお願いしますと、何ヶ所か依頼があって作ってます。

今年は55メートルの長さのしめ縄を6本作ります(^-^)

まず55メートルってのが曲者で、縄の長さを確保するのも大変(^_^;)

でも正月に商店街を飾るので、嬉しいですが(^-^)/



/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 18:44Comments(6)古代米について

2006年12月11日

しめ縄作り〜その2〜

しめ縄作りも普通のしめ縄ばかりだと飽きるので、ちょっと違った感じのを作ってみてます(^-^)

まずは下準備から!!
写真は一見わら人形にも見えますが、決してそんなもんではありません…σ(^-^;)

完成したらアップしますね(^O^)/



/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 14:07Comments(0)古代米について

2006年12月06日

正月にむけてしめ縄作り

12月に入って、正月にむけたしめ縄作りが始まりました。

完全手作業なんで、数が限られてますが、毎年しめ縄や亀を作ってます(^-^)

まずはわらを綺麗にするために千歯こぎでわらを梳きます。

次にわらを一定の大きさに束ねる。

そして二人がかりでわらを編んでいきます(^-^)b

この後に飾り付けです(^O^)

うちのは有機無農薬で作ってるので、わらにもパワーがあるそうです(=^▽^=)

今年もみなさんの家庭に福を運んで欲しいです(*^o^*)


/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o


  


Posted by ダイスケ at 12:51Comments(2)古代米について

2006年11月01日

黒米と美容

みなさん、黒米を食べたことありますか??


お米と一緒に炊くと、赤飯のようになるやつです。
意外とみなさんは赤飯のようになったのを
「赤米」を混ぜてると勘違いされてる方が多いようですが
実はあれこそが黒米なのです。

といってもそもそも赤飯は黒米を入れて炊いたものだったので
小豆を入れて炊く今の赤飯のほうが新しいんですねface02

でも最初はどのくらい混ぜればいいかわからないですよね。
最初は米2~3合に対して大さじ1杯ほどがいいでしょう。

さてこの黒米、ヌカの部分に「アントシアニン」という物質が含まれているせいで黒い色をしています。
ヌカの部分に含まれているので、精米はされていません。
黒米は玄米で食べているのです。
(精米したらただの白米になってしまいますface07

黒米には、このアントシアニンのほかにビタミンB1、B2、ビタミンE、ミネラルが含まれています。

これらの栄養素をよくみてみると、一つの共通点が浮かび上がってきます。
それはicon12美容icon97にいいということです

アントシアニン → 抗酸化作用
ビタミンB1   → 日本人は慢性的に不足。不足すると体がだるくなったり、やる気がおきなくなる
ビタミンB2   → 過酸化脂質を分解し、動脈硬化の予防、老化防止
ビタミンE    → 過酸化脂質の生成を抑制
 ※ビタミンB2とEのタッグで過酸化脂質とおさらば!!

酸化とは老化現象なので、これだけ酸化に対抗する栄養素が含まれている黒米は
icon97まさに美容の強い味方!!icon97
女性には是非食べていただきたいものです。

このように様々な効果があるといわれている黒米は
中国では古くから宮廷献上米として使われてきました。

昔も今も体が丈夫で美しくありたいというのは
誰もが望むことですよねface01

icon97黒米食べてきれいになりましょうね~icon12


/
あなたのワンクリックがひとりのブロガーを救いますo(^▽^)o




    


Posted by ダイスケ at 09:25Comments(0)古代米について

2006年10月30日

黒米

今回は最近人気の黒米について。

黒米は栄養価が高く、健康食品として人気が出てきてますね。
我が家でもここ数年生産量を少しずつ増やしはじめました。

現在ほとんどの黒米はもち米ですが、我が家では『紫黒苑』という品種をつくってます。

実はこの『紫黒苑』、黒米の中でも最高級といわれ、薬膳の効果があります。

しかし黒米は普通の米の収量の1/3ほどしかなく、以前紹介したように脱穀にも手間がかかるので、高価な米になってます。

が、しかし黒米の持つパワーを知れば、高価な米であるということも納得してもらえるでしょう。

というわけで、次回は黒米の効果について(^-^)b


/
クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!


  


Posted by ダイスケ at 23:58Comments(2)古代米について

2006年10月25日

籾すり〜黒米編その2〜

無事籾すり終了です(^^ゞ

が!!5袋やったのに、残ったのは2袋半…。

おかげで籾がらが山のように出ました(´∀`)

ここまでくると、むしろ気持ちよいくらいですヾ(≧∇≦*)ゝ

若干壊れ気味のダイでした…ヽ(゜▽、゜)ノ

クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!  


Posted by ダイスケ at 11:45Comments(2)古代米について

2006年10月25日

籾すり〜黒米編〜

赤米、緑米に続き、今日は黒米の籾すりに来ました。

機械が小さいので、なかなか進まんです(+_+)
そもそも貸してもらってるので、文句も言えませんが…(^_^;)

とりあえず一袋終わりました。

量が2/3くらいに減ってます…(T_T)
中身が充実しきれなかったので、籾がらや砕け(小さな粒)が多かったようです(;_;)

やはり今年はあまりよろしくないです……(´Д`)=з

クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!  


Posted by ダイスケ at 09:50Comments(0)古代米について

2006年10月23日

籾すり~赤米編~


緑米に続き、赤米を籾すり。


これまた一度目ではゴミが多いので二度目の籾すり・・・。

さすがに緑米よりは粒が大きいようです。

が、今年は赤米自体の量が少ないので、限定発売になりそうだ。


クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!
  


Posted by ダイスケ at 16:25Comments(0)古代米について

2006年10月23日

籾すり〜緑米編その2〜



一度目の籾すりでは籾やゴミが残ったので、二度目の籾すりをやってみた。





今度はだいぶよさそう(^-^)

少し籾がらも残ってるようやけど、これ以上やったら緑米のヌカまで取れてしまいそうなんで、これで終了(^-^)b

やりすぎると緑米の緑の部分が取れて、ただのもち米になってしまうし…(^_^;)
粒が小さいせいか、籾がらがだいぶ出て、山のようになってしまった(*_*)


クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!
  


Posted by ダイスケ at 13:49Comments(4)古代米について

2006年10月23日

籾すり〜緑米編その1〜

朝から農業普及所にきています。

というのも籾すり機を貸してもらって、緑米と赤米の籾すりをやってます。

いつもなら古代米は知り合いの人の所でやるんですが、11月にならないとやらないとのこと(+_+)
籾すり、精米をやる業者さんは古代米はやってくれません(;_;)

マイノリティはつらいです(ノ_・。)



というわけで普及所の小型籾すり機を借りて、緑米から籾すり!!


機械の使い方を習ってやってみました。
一度目の籾すり。
なんだかだいぶ籾やゴミが残ってます…(・_・;)

一筋縄ではいかないようです(´Д`)=з


クリックするとダイのやる気が10ポイントアップします!!
  



Posted by ダイスケ at 10:01Comments(0)古代米について

2006年10月16日

黒米

週末に最後の稲刈りをしました。

最後に残ったのは、最近人気の黒米!!

うちは黒米のなかでも、薬膳黒米っていうやつを作ってます(^-^)b

もちろん有機で種の時から農薬を使ってませんが、今年から借りた田んぼにも作ってみました。

しかしなかなか新しい場所はうまくいかないですね…。
草ボウボウで、四分の一くらいは草に負けてしまいました(;_;)

やっぱり土から変えていなかないと、うまくいかないです…。

ところで僕はずっと「黒米」を「くろまい」だと思ってたんですが、「くろごめ」が正解みたいです。

作ってて名前を間違えてたとは…、反省ですσ(^-^;)  


Posted by ダイスケ at 12:04Comments(2)古代米について